ソラシドエアにSKIPサービスを利用して搭乗する方法と、あえてSKIPしない理由

ソラシドエアはANAのSKIPサービスが利用でき、WEBで座席指定が済んでいればチェックイン手続きなしで直接保安検査場に向かうことが可能です。ANAではないのでICチップ付きANAカードをピッとすることはできませんが、スマホにQRコードを保存していれば操作は同じ。とても便利なサービスです。

ソラシドエアHPの予約詳細画面からeチケットお客様控を取得

ホームページから予約詳細画面に行くと「eチケットお客様控」がダウンロードできます。要はQRコードですが、これを保安検査場と搭乗口の2回、読み取り機にかざします。もちろん当日空港で表示してもいいんですが、時間が経ってソラシドエアの予約情報からログアウトするのが面倒なので私はいつも画面のスクリーンショットを撮ってそれを使っています。

一緒に予約した同乗者がいる場合、個別に取得できるのでその人の分のQRコードのスクリーンショットを撮って、LINEで送ると便利です。

スマホで見てもわかりやすいところにあります
KiPuRu

あえてSKIPしない理由

しかし、私はあえて毎回チェックイン機でチェックインをします。

何故なら、子連れだからです。

羽田空港のチェックイン機

1つのスマホで自分と子どもの分のQRコードの読み取りをするともたつくので、チェックインしてQRコード付き搭乗券を発券しています。カウンターに行かなくてもチェックイン機で出来るので簡単です。

このように、自分のQRコードだけで同時に予約した家族全員のQRコード付き搭乗券を発券できます。読み取り機前で子どもがぐずっても、荷物で両手がふさがっていても、搭乗券を子どもに持たせて係の方に渡すよう言うだけです。以前は私も赤ちゃん抱っこしながらスマホを操作して「これは子どものぶんです」とか説明したりしていたのですが、便利なようで逆に不便なことに気づきました。

そして、チェックインと同時に実は簡単に座席の変更も可能です。画面上で空席を確認できるので直前で便変更したお客さんがいれば、予約したよりもいい場所に変えられるかもしれません。子連れでの飛行機搭乗は何かと気を遣うので、隣に予約が入ってない席や乗り降りしやすい席、トイレに近い席、足元が広い席など取れるなら取りたいですからね。

ソラシドエアにSKIPサービスを利用して搭乗する方法と、あえてSKIPしない理由 まとめ

ソラシドエアはANA同様、事前に座席指定をすればSKIPサービスが利用できます。ANAカード等は使えませんが、QRコードを取得することでほぼ同じ使用感です。ただ、子連れにとっては「あえてSKIPせずチェックインする」のも選択肢です。

ソラシドエアにSKIPサービスを利用して搭乗する方法と、あえてSKIPしない理由” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。