ソラシドエアカードは年会費を払う価値あり!驚異的なメリット3つ

ソラシドエアカード

ソラシドエアと提携し、三井住友カードが発行しているクレジットカードです。

初年度年会費無料。次年度から年会費1,375円(継続ボーナス500マイル)。三井住友カードはリボ設定(マイペイすリボ)で年会費が安くなるカードが多いですが、ソラシドエアカードは対象外です。年会費が安くなる方法は存在しません。

ですが、このカードがあればオトク度抜群のソラシドルートが開通して6,000円相当で九州、7,500円相当で夏の沖縄にも行けてしまいます。往復かつ、前日まで変更可能、さらに家族以外の友人知人も発券可能!

こうなると、年会費の1,375円程度はほんの誤差です。

一回でも九州・沖縄旅行に行くなら、迷わずソラシドエアカード発行をお勧めします!

1.クレカ決済でソラシドマイルを貯められる

ソラシドエアのマイレージサービス・ソラシドスマイルクラブはネットで無料で入会できますが、そのままだと搭乗でしかマイルを貯めることができません。しかしソラシドエアカードで決済することで三井住友カードのポイント(Vポイント)を貯め、それをソラシドマイルに交換することができます。

まず決済額200円あたりVポイントが1ポイント貯まります。(直接ソラシドマイルが貯まるわけではありません。)
Vポイントは1ポイント1円相当なので、還元率としては0.5%と、標準的な水準です。これがソラシドエアカード会員のみ、200%でソラシドマイルに移行できます。

決済200円⇒Vポイント1P⇒ソラシドマイル2マイル で1%のマイル付与率です。

2.クレカ決済「以外」でソラシドマイルを貯められる

思いっきり前項を否定してしまいますが、ソラシドエアカードを発行する最大のメリットがこれです。基本的には搭乗のみでしか貯められないソラシドマイルを、搭乗や決済以外で爆発的に貯めることが可能になります。

実はソラシドエアカードさえあれば、他の方法で貯めたVポイントもソラシドマイルに移行できるのです。そしてVポイントは【各種ポイントサイト】から等価で簡単に移行できます。

「ポイントサイトってちまちま広告をクリックしたりアンケートに答えたりしないといけないんでしょ?」
      ⇒いいえ、面倒なことはしなくていいです!

私は普段のネット通販をポイントサイト経由にしたり、興味を持った証券会社や電力会社との契約、クレジットカードの発行、外食モニターだけで特典航空券をゲットしています。家族3人×年2回行くためにポイントサイトで年間36,000円分を目標に貯めていますが、高額案件を月に一回くらいチェックして興味があったら申し込む、くらいでクリアできています。

最終的にVポイントに交換できればどこでもいいのですが、Vポイントに即時反映できる「ポイントインカム」が個人的には使いやすいです。

こちらから登録すると紹介特典付き!

ポイントサイトのポイントインカム

3.格安の有償航空券・ソラシドカード割が使える

特典航空券は便利ですが、GWや正月の超繁忙期は取れなかったりします。そんな時ソラシドエアカードを持っていると、「ソラシドカード割」という会員料金で予約することができます。

搭乗28日前~10日前だとこの「ソラシドカード割」が最安値であることが多いです。カード会員本人のみ購入可能で、ソラシドエアカードで決済することが条件になります。予約変更不可で、特典航空券と違い当日に前の便に空きがあっても振替ができません。しかしANAやJALの最安値よりも安く、どうしてもマイルが足りない、または特典航空券で席が取れない時に有償で乗る際に重宝します。(変更可能な「ソラシドカード割EX」というものもありますが、普通料金と近く金額的にはあまりベネフィットを感じません。)

ちなみにソラシドエアの料金は不定期で行われるセール価格である「ソラシドスペシャル」が一番安く、次に指定便のみの直前割引である「カケコミWEB割」。この「ソラシドスペシャル」と「カケコミWEB割」はたまたまあったらラッキーくらいの認識です。

順に早期割引の「バーゲン75(75日前)」「バーゲン60」「バーゲン35」「バーゲン28」「バーゲン14」。そして直前割引の「特売り7日前」「特売り3日前」がきて、「ソラシドカード割」「特売り1日前」の順で安くなります。

早く予約するほど安いのですが、日程によって最安値がかなり変わるので直前予約する場合に「バーゲン〇日」「特売り〇日」と「ソラシドカード割」を比べます。「ソラシドカード割」のほうが安かったらラッキーですね。

カードの基本性能とその他独自特典

ソラシドルートに流さない限りはポイント還元率0.5%。海外旅行2,000万、国内旅行1,000万の傷害保険がついていますが利用付帯の上補償額がそこまで高くなく、まぁ「普通」のカードです。

家族カードを1枚440円/年で発行できます。「決済を家族でソラシドエアカード全振りにするぞ!」「有償でも家族とソラシドエアに乗るぞ!」という方は家族カードがお勧めです。(前述のソラシドカード割は会員本人のみ利用可能なので、家族で搭乗する場合それぞれソラシドエアカードが必要です。)

2019年10月以降に発行・更新から順次VISAタッチ付きカードに切り替わっています。(それ以前から持っていた場合、残念ですが更新までVISAタッチ付きに切り替えることはできないようです。)

その他の独自特典としては「機内販売10%オフ」、「那覇空港・鹿児島空港の対象店舗でカード提示で5%オフ」、「提携レストランで特典」があります。私は使ったことがないですが、ちょうど行きたいお店が特典対象だったら嬉しいですね。

ゴールドカードはマイラーには不向き

ソラシドスマイルクラブには一応、ほんとに一応上級会員として「ファーストメンバーズ」という設定があります。条件は2つで、ソラシドエアゴールドカード(初年度から年会費11,000円)を持っていることと、年間20回以上ソラシドエアに有償で搭乗していること。

比較的緩い条件ではありますが、メリットがほとんどないので目指す価値はないかなと思います。毎年2,000マイルがボーナスでもらえる、優先搭乗、空席待ち時に優先案内、手荷物の優先返却、預入手荷物+20㎏ だけです。そもそもソラシドエアは優先搭乗したいほど大型機ではなく、座席のアップグレードや上級会員用ラウンジもなく、預入手荷物はそもそも20㎏まで無料です。

せめてゴールドカードそのものにポイント付与率が高いとかのメリットがあればよいのですが、今のところショッピングと傷害保険の枠が大きいだけなのがちょっと残念です。

ソラシドエアカードの驚異的なメリットまとめ

ソラシドエアカードはカードそのものがどうこうではなく、持っていることで【Vポイントをソラシドマイルに移行することができる】ようになるカードです。Vポイントをポイントサイトでザクザク貯めて、6,000円相当のポイントが貯まったら羽田⇔九州、7,500円相当貯まったら羽田⇔那覇の特典航空券を発券できます。

ANAやJALもポイントサイト経由でマイルを貯めることができますが、良くて75%程度です。200%でマイルに移行できるのはこの「ソラシドルート」だけで、継続年会費 1,375円払って保有する価値は大!

また、繁忙期など有償で九州・沖縄に行く際も圧倒的に安い「ソラシドカード割」が使えます。

特典航空券も、有償航空券も、「ソラシドエアカード」があればバグレベルでお得になりますので1回でも九州・沖縄に行こうと思うなら、発行がお勧めです。

 ■カード発行はこちら⇒ ソラシドエアカード公式