川越プリンスホテル 子連れ宿泊記【2022年12月】

新宿から乗り換え無し1時間。本川越駅直結で観光地である時の鐘エリアも徒歩圏内。施設の古さは気になりますが、子連れで利用しやすくご近所観光には絶好の立地です。隣接する屋内キッズパークは2023年1月末までイベント割利用できます。

↓宿泊料金を調べてみる

川越に泊まる際の第1選択肢

ロビーはクリスマス仕様

川越は日帰り可能なほど都内に近いので、あまりホテルがありません。ビジネスホテルはいくつかありますが、子連れファミリーで泊まれるシティホテルとなると実質二択。東武線・JR線川越駅の川越東武ホテルか、西武線本川越駅の川越プリンスホテル。

どちらも鉄道会社のグループ会社経営なので駅直結で便利なのは同じものの、立地としてはプリンスに軍配が上がります。観光エリアに近く、徒歩で行ける立地なのです。

↑東武ホテルは建物が新しい点が魅力

アクセス

川越にある3つの駅(川越・川越市・本川越)のうち、川越プリンスホテルはほぼ本川越駅のホーム上階に位置します。観光エリアには最も近く、徒歩10分程度で時の鐘エリアに行けます。ベビーカーでも余裕です。この立地の良さが最大の魅力だと思います。

とは言え菓子屋横丁や氷川神社は少し遠いですが、巡回バスがぐるぐる運行しています。本川越駅まで電車で来るなら、いっそ西武鉄道の「小江戸・川越フリークーポン」を購入すると小江戸巡回バスフリー切符がちょっとお得。例えば西武新宿駅から向かう場合、往復切符+巡回バスフリー切符が合計1,520円→1,320円です。往復の交通費が1人1,320円で済むというのは助かります。

車でのアクセスの場合も、宿泊者は入庫から24時間出入り自由500円。さすが西武鉄道グループですね。土地持ってるというのは強いです。

客室は駐車場ビューでした

チェックイン/チェックアウト時間

ブレブレですみません

チェックイン:14:00/チェックアウト:11:00 添い寝:未就学児まで

本川越駅の改札は1か所しかないので迷いません。改札を出て右手にあるスタバ、その横に上記のホテル入り口があります。午前中に電車で来て、フロントに荷物を預けて観光するのが一番スムーズですね。

デザインによって味が違います

うちのお嬢さん(7)がフロントの方に絡みまくってるなーと思っていたら何故か2袋もキャンディを頂きました。何味がいい?と聞かれて、スイートポテトとゆずを選択。「子どもだから飴くれたのかな」とか簡単に考えていたら、1袋1,000円するホテルオリジナルキャンディ!これ貰っちゃって良かったのでしょうか?

で、貰っておいて何ですが菓子屋横丁には大正3年創業の金太郎飴屋さんがあります。製造工程をガラス越しに見ることができ、タイミングが合えば出来立ての柔らかい飴を試食させて貰えます。店員さんも親切で、色やデザインも味も様々で美味しいので、ぜひ行ってみて欲しいです。(私の個人的な推しです)

客室

ツインルームC 24㎡

客室

・ダブルルームC/ツインルームD 19㎡
・ダブルルームB/ツインルームC 24㎡ ←今回宿泊
・ダブルルームA/ツインルームB 27㎡
・ツインルームA 30㎡
・和室 50㎡
・スイートルーム 45㎡

プリンスホテルはお部屋のランクがわかりにくいですが、ダブルもツインもAが一番良いお部屋。今回はツインルームCの予約です。片方のベッドは壁に寄せてあり、ベッドガードのレンタルも可能なので幼児添い寝もしやすそうです。画像では妙に小さく見えますが、ツインはセミダブルが2台なので十分な大きさでした。

無料の水ペットボトル2本が置いてあります。
ベッドサイドに充電用USBコンセントがあるのは意外でしたが、一晩充電してもフル充電されず相当電圧が弱いようです。

ウェットエリア

1991年開業で正直なところ設備の古さは否めないものの、水回りは清潔に保たれています。中でも、お風呂にはちょっと感動。ユニットバスですが、正直我が家の浴槽より広いです。足を延ばしても余裕の広さ。洗い場こそないですが、これだけ広ければ子どもと一緒に入りやすいです。
うちのお嬢さんはやけに気に入って朝も入っていました。

8階ははずれかも

最上階9階にレストランがあり、客室としては8階が一番上になります。多くの場合、上階のほうが良いお部屋とされますが今回は完全にはずれでした。23時過ぎまで上の階で椅子やテーブルの設営?をする音が響いて非常にストレスでした。この階の客室が極端に少ないのはそのせいかもしれません。

キッズアメニティ

お子さまアメニティ

お子さまアメニティがあらかじめ2セット入れてありました。ハンカチ、ハブラシ、スリッパ。そして130サイズくらいのパジャマも。完璧です。

サンシャインプリンスで頂いたキッズ会員アメニティ

今回は予約サイト経由だったので利用していないのですが、直予約の場合はプリンスキッズクラブへの無料会員登録でよりグレードが高いキッズアメニティが貰えます。

プリンスキッズクラブはバースデー特典が凄い♪

朝食

公式サイトより画像お借りしました

朝食は最上階のレストランでビュッフェ提供です。今回は素泊まりだったため利用しておらず、隣接する本川越ペペ内のデリフランスでテイクアウトしました。

フランスBENTO 550円

営業は7時半から。本川越ペペではその他ドトールやミスド、スタバでモーニング営業をしています。

有料キッズパークで大満足


キッズユーエスランド川越店

ホテル2階、レストラン脇のドアから本川越ペペへの連絡通路に出るとキッズパークがあります。朝10時から19時まで営業しており、小学校低学年くらいまでの子どもなら喜んで遊ぶこと間違いなし。そう広い施設ではないものの、ボールプールやトランポリン、太鼓の達人など大喜びで遊んでいました。また、係のお姉さんが本当にマメに消毒をされていて好印象です。(→キッズユーエスランド川越店公式

3時間親子で1,700円が定価ですが、2023年1月末まではイベント割で親子で3時間1,200円が最安です。当日ネットから予約してすぐ利用することができました。親の交代や飲食物の持ち込みもOKでこの金額はかなり良心的だと思います。

通常だと、じゃらん遊び” target=”_blank” rel=”noopener” title=””>じゃらん遊びでクーポンを取得して予約すると安いです。

川越プリンスホテル 子連れ宿泊記 まとめ

本川越駅直結で川越観光にも近く、最高の立地のホテルです。ハード面に物足りなさは感じますが、広々お風呂で子連れで安心して利用できました。本川越ペペ直結で食事やお買い物にも便利ですし、有料キッズパークまで隣接していて子ども心に完全にヒットしてしまいました。
日帰り観光も十分可能ですが、あえて泊まってゆったり観光するのもいいですね。

↓宿泊料金を調べてみる
娘0歳の頃から何度も行ってる時の鐘