プラチナエリートのアップグレードは?シェラトングランデオーシャンリゾート【2022年7月】

宿泊者無料のガーデンプール、温泉、そして夏休みには毎日打ち上げ花火!リゾート感満点で大人気のホテルです。マリオットボンヴォイのプラチナエリート特典で最安値の部屋からクラブグランドツインにアップグレード!絶景クラブラウンジでのティータイムやカクテルタイムも楽しむことができます。

↓宿泊料金を調べてみる
↓公式から料金を調べてみる

最安値から一気にアップグレード

客室は大きく以下のカテゴリ。

・スタンダード(8~15F) ←予約
・デラックス(16~35F)
・プレミアム(36~41F)
・クラブフロア(36~41F) ←アサイン
・各種スイート

最安値としてスタンダードの少し下に上記画像の「ハリウッドツイン」があったのですがここ最近、見かけなくなりました。(もう販売していないのではと思います。)

いろいろ種類があるように見えますが、トリプル以上のお部屋や、和室・スイートルーム以外基本的にはどのお部屋も50平方メートルと十分な広さ!高層階はもちろん、低層階からも松林と海が見えるのでどのお部屋でも快適です。

プラチナステータスで2021年、2022年連続で「クラブツイングランド」にアップグレード頂きました!スイートのすぐ下のカテゴリのお部屋です。

クラブフロア特典として、なんと毎日ミニバー内ドリンクが無料です。無償アップグレードでクラブフロアになっても有効。しかも毎日補充されます。ローカルドリンク多めが嬉しいですね。あとはアメニティがタルゴジャポンというフランスのブランドのものになること、温泉に来て行ける作務衣が用意されています。

クラブツイングランドにはかなり大きい、ぐるぐる回るソファが!身長130㎝のうちのお嬢さんが寝ても十分な大きさで、「わたしのべっど」と主張するくらい気に入っています。小学生以下は添い寝無料ですが、実際のところエクストラベッドとしても使えちゃいますね。浴室にふんだんに置かれているタオルを敷いて寝ていました。

ウェットエリアやドアを開けたところのスペースが広く、水着や浮き輪を置くのにも重宝しました。

プラチナエリートの特典

なんと同室者全員適用!

宮崎シェラトンは温泉・プールが元々宿泊者全員無料のため、プラチナ特典として大きいのはレストラン朝食が無料で付くこととカクテルタイム(ハッピーアワー)、そしてティータイムです。会員と同室者全員OKというのもかなり珍しく、家族で行く際にはありがたいですね。

フィットネスの「ジ・オーシャンクラブ」は本来、宿泊者も1回利用2,000円と結構なお値段するので利用される方には大きなメリットかと思います。我が家は利用していないのですがサイトを拝見する限り充実しているようです。(詳しくは公式へ。)

ウェルカムギフト

プラチナ特典としてはまずウェルカムギフト。「タルゴジャポンのアメニティセット」または1,000P貰えます。

朝食

パインテラス朝食(6:00~ラストオーダー13:00 )

通常、プラチナ会員+1名のラウンジ朝食が特典ですが、宮崎シェラトンではレストラン朝食も特典で付いてきます。そして何より魅力的なのは、パインテラス朝食は2022年3月からブランチとして楽しめるよう、ラストオーダーが13時になりました。そのため時間帯によって朝食からブランチ仕様にメニューが切り替わっていくそう。(朝食はあまり量を食べられないため、あまりいい画像でなくて恐縮です)

珍しく朝食券方式ではなく、部屋番号すら書かれていないキーパケットを見せるだけです。そのため「朝食はラウンジで、お昼はパインテラスで。」という使い方もできそうですね。その甲斐あってかパインテラスの混雑も例年に比べて解消されているように思います。それでも8時過ぎると行列ができるため、時間を有効に使いたいなら早めに行くか、もしくはラウンジ朝食なら比較的どの時間帯も空いていました。

パインテラス真隣がプール入り口なので早起きできれば7時から朝食、7時半からパパ(もしくはママ)だけ一瞬抜けてプール入場整理券GET→8時からプール!という作戦がベスト。7時半から配布される入場整理券があれば、8時のプールオープン直後にパラソルやチェアを確保しやすいです。それ以外の時間帯はルームキーを見せるだけ。次のチャンスは当日チェックアウトやランチに出かける人が抜ける11時過ぎです。

朝日に輝く海を眺めながら、ゆったりと朝食を食べられるクラブラウンジ。卵料理のプレートとぶどうジュースのみスタッフさんが運んできてくれます。その他ドリンク・パン・サラダ・フルーツはビュッフェ形式。選べる種類としては少ないですが、ローカルドリンク「ヨーグルッペ」や宮崎牛ローストビーフ入りシェラトンクロワッサンサンドが楽しめるため満足度は十分です。

繁忙期にはさらにコンベンションセンターも朝食会場になります。

クラブラウンジのカクテルタイム&ティータイム

太っ腹すぎると評判が高いクラブラウンジ。さすがに太っ腹が過ぎたのか、いくつか変更がありました。

カクテルタイム

ワンプレート提供方式に変更されたものの、クオリティ変わらず。繊細な盛り付けで嬉しくなります。名物?のモエシャンドン飲み放題がなくなり、クラフトビールサーバーが設置されました。①17:00~18:15/②18:45~20:00の2部制ですが予約は不要です。このカクテルタイムのみ、18歳未満の入場不可となりました。


甘口スパークリングワインの樹樹。ローカルワインが楽しめるのは良いですね。甘夏のクラフトビールは近くに置かれていた日向夏ピールと相性抜群。

炭酸や、写真にはないですがご当地リキュールもありました
ラウンジから見る花火

2部が終わる20時から子ども入室OK。実際はその数分前から入れてくれるので、ラウンジからほぼ同じ目線に打ちあがる花火を見るという、なかなかない体験ができます。

お子様連れ用代替サービス

お子様連れのみ、チェックイン時に上記の黄色のチケットが貰えます。ロビーラウンジ「パシフィカ」でカクテルタイム代替サービスとのこと。子連れでないと利用できないため、割と空いている印象。家族でパシフィカを利用して、その後親だけラウンジでカクテルタイムもOKとのこと。

この時間はまだまだプールに夢中なので結局、利用する機会がありませんでした。

ティータイム

ティータイムとしてはかなり長いため予定に合わせて利用しやすいです。1人1プレートのスイーツ提供は変わりませんが、ちょっとレベルが落ちた感じ…。オールデイズスナックがなく、カットフルーツのみの提供です。個人的には残念だったのですが、うちのお嬢さんは無類のスイカ好きなので大量にスイカを取ってきてご満悦。フルーツの種類は日替わりです。

カプチーノが絶品

猿田彦珈琲の豆を使用しており、そのままでもおいしいのですがぜひカプチーノを飲んでみて欲しいです。絶品!!使用する牛乳も地元のデイリー牛乳で、上の画像は補充直後だったので泡が少し崩れていますが今まで飲んだことが無いほど弾力があってふっわふわ。大げさでなく、カプチーノの概念が変わりました。このレベルのこだわりのカプチーノが海を眺めながら何杯でも飲めるのは至福の一言。


子どもは、上記の角切りりんごジュースを気に入っていました。ご当地ドリンクで日向夏が入っているとのことですが酸味はなく、なぜかとろっとした飲み心地。美味しいです。

そのほか、同じくご当地ドリンクのスコール(カルピスソーダみたいな味)・日向夏ドリンク・へべすドリンク・フルーツミックスジュースがありました。

プラチナエリートのアップグレードは?シェラトングランデオーシャンリゾート まとめ

マリオットボンヴォイのプラチナエリート特典でクラブフロアにアップグレード。高層階から海を眺めながら、ミニバーの無料ドリンクを楽しめます。ラウンジでカクテルタイムを楽しめるのはもちろん、お子様連れ用代替サービスやティータイムスイーツの提供は珍しく、ありがたいです。プラチナ以上であれば同室者全員、ラウンジ朝食もレストラン朝食も無料で頂けて、しかもレストラン朝食はブランチとして13時まで利用OK!夏休み期間はラウンジから目の前に打ちあがる花火を見るという他にない体験もでき、プラチナ特典が非常に魅力的なホテルだと思います。

↓公式から料金を調べてみる
羽田からのアクセスはソラシドエア特典航空券が便利